-------- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-03-29 (Sun) 09:52

幸福の科学と学園、ダブル敗訴!

最初に前回記事で誤りがあったので訂正しておきます。
領収書にかかる印紙税は平成26年4月以降から
5万円以上からに引き上げられているそうです。
失礼いたしました。

では、本題です。
すでに他の方々が記事にしていますが、
週刊新潮&藤倉氏と週刊文春が
幸福の科学とその学園から訴えられていた
二件の裁判の二審判決が出ました。

どちらも嬉しいことに、
教団側の敗訴という結果になりました。
文春の裁判内容はよくわかりませんが、
新潮の方はやや日カルト新聞に詳細があります。
裁判費用の支払いが同じく100%教団側で、
内容も一審よりも踏み込んで
新潮の主張が認められたようです。
まさに、完全勝利!

犯罪行為を自分で暴露したんだから当然ですね。
また、それが犯罪だと意識できないカルトっぷりを
遺憾なく発揮したむちゃくちゃ裁判でした。
もう、明らかに犯罪集団とわかったんだから
まとめて逮捕して欲しいですね。
警察さん、公安さん、よろしくお願いします。

幸福の科学学園、二審も週刊新潮に完全敗訴

学校法人幸福の科学学園が『週刊新潮』の記事によって名誉を傷つけられたとして新潮社やフリーライターらを訴えていた裁判の判決が3月26日、東京高等裁判所で言い渡されました。判決は、同学園が請求していた1億円の損害賠償と謝罪広告の掲載についていずれも棄却しました。この裁判では昨年12月、東京地裁が同様の判決を言い渡し、学園側が控訴していました。同件での学園の敗訴は、3カ月ぶり2度目。

週刊文春記事巡る控訴審、幸福の科学側が敗訴
2015年03月26日 21時00分

 週刊文春の記事で名誉を傷付けられたとして、宗教法人「幸福の科学」側が発行元の文芸春秋などに計1億円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(高世三郎裁判長)は26日、同社側に50万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を取り消し、幸福の科学側の請求を棄却する判決を言い渡した。

 1審判決は、同誌が2011年、幸福の科学の大川隆法総裁と女性職員との会話内容などを報じた記事の一部が真実ではなく、名誉毀損(きそん)にあたると認定。一方、高裁は「真実と信じる相当の理由があった」と判断した。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Author:ルジェ
幸福の科学の元二世信者。
2005年頃にファルコン告発、
関谷告発を読んで退会。

2ch『幸福の科学』統合スレハンネ
観自在になりたい凡人
初期トリップ:◆eVvwryoaWrQr
2番目トリップ:◆WP3fRcZ/7vgl
最新トリップ:◆FR79JzHC1w
したらば ◆m/n8MbibXR6d

はまりやすく飽きっぽい性格で、
更新と放置がまちまち。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブログランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。