-------- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-11-11 (Tue) 00:09

【2ch】続・理系音痴の大川お笑い妄想集

2ch統合スレでは、ロケット博士・糸川英夫の独創的「未来科学発想法」の内容が
アホすぎることがずっと話題になっています。
私も、実家でこの話題の本を見かけたのでちょっと眺めてきました。
びっくりレベルの行間と中身の無さに笑いが止まりませんでした(笑)

1256.jpg

↑ このザマですよ。もう、笑いすぎて最後まで読めません。

このアホすぎる霊言(笑)を読み通して以前のレビューに続いて
2chにコメントを投稿してくださった方がいるので転載しておきます。

994 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2014/11/05(水) 00:01:55.69 ID:DhAXFgxp [1/2]
○| ̄|_ =3 経典:ロケット博士・糸川英夫の独創的「未来科学発想法」 (幸福の科学大学シリーズ) ε=_| ̄|○  を読んで w -その5


※これも痔スレに貼りますが、アンチの中にも本当に本に書いてあるのか、半信半疑の方もいるようだから、本から抜粋して証拠を示しておきます。

P.94-95
糸川英夫 まあ、宇宙航行の原理から見れば、二十分ぐらいでアメリカに行けなければおかしいよね。本当は、その程度でね。
  だから、地球は自転してますからね。地球が自転してるから、じっとしてても勝手に動いてくれるところもあるから、それを上手に利用すれば、
移動しなくても、実は大陸横断や太平洋を横断できる可能性もあるんだよね。

小林 ああ……。

糸川英夫 地球は回転しているでしょ?だから、上へ上がって、この回転の外側にいて、ちょっと待っていてから降りるだけで、
実は、飛ばなくても行けることもあるんだよな。

小林 これは、すごい! 「回転して移動する部分」を利用するわけですね?

※バカシはここで2つもの決定的なインチキ霊言の証拠を、暴露している。

  1)前から言ってるが、東大理系出の糸川氏が中学校でも習う、慣性の法則を知らないわけがない。日本草分けのロケット博士だよ? w
  2)地球が左巻きに自転していることを知らない。 日本から出発するとバカシ理論では、アメリカどころか、ユーラシア大陸の平原についてしまう。

649 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2014/11/09(日) 23:57:12.74 ID:f4jWkmNN [1/2]
○| ̄|_ =3 経典:ロケット博士・糸川英夫の独創的「未来科学発想法」 (幸福の科学大学シリーズ) ε=_| ̄|○  を読んで w -その6


P.69-70
《過酷な環境下で生きる「深海の生き物」の可能性》
糸川英夫 ほかにもさあ、生き物なら、海の底、つまり、海面から何千メートルの深海にもまだいる。例えば、カニにしても、その甲羅は手の甲ぐらいの
大きさだとして、これに何トンもの水圧がかかっている。

小林 そうですね。

糸川英夫 だけど、潰れない。これは、やっぱり不思議だよなあ。 あるいは、深海の生き物が浮上してきたときに、まあ、爆発はしないまでも、
なかには、膨張してしまうものもあると思う。だけど、不思議なことに、深海の生き物が浮上してきても、まだ、いちおう、そのかたちを保ってるものは、
かなりあるわけだよね。

最近は、「ダイオウイカが、たくさん浮いてきてる」と言われてるけど、大きいやつは十五メートルぐらいもあります。あれも、何百メートルも下にいるわけ
だから、普通は、あのイカの体に、ものすごい水圧がかかってるはずで、八メートルとか十五メートルとかいうようなダイオウイカが水面まで浮かんできたら、
爆発するぐらいの膨張になるはずなのに、まあ、死んだりしてはいるけれど、爆発するような膨張にはなってない。
これは、実に不思議な、弾力性のある素材だね。

小林 そうですね。

糸川英夫 珍しいものだよね。

※(゚д゚)バーカ www 深海生物は空気を体に内包していないので、潰れることはないのだ w 早い話トーフでも深海に持っていってみろ。
 バカシは潰れるって思うだろうが、豆腐は潰れない。基本的に個体(例えば甲羅)・液体(水)で体が構成されている生物は深海で潰れることはない。
 空のドラム缶を沈めると、簡単に潰れるが、水を満たしたドラム缶はつぶれないのだ。 こんな原理を東大工学部の糸川博士が知らないはずないだろ w
 んで、またしてもインチキ霊言の証拠が発覚 ! wwwwwww

650 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2014/11/09(日) 23:58:03.70 ID:f4jWkmNN [2/2]
>>649
(続き)
P.71-72
糸川英夫 そう、そう。自然界では、どういう装置で、それができてるのか……。 例えば、実際に、ここにカニが歩いているとして……、
まあ、九十九里浜にはカニがたくさんいるんだろう? おたくの精舎には、カニがたくさん這ってんだよ。

小林 (笑)

糸川英夫 その力二の背中に、ブロックを一つ載っけただけで、カニは潰れるわな。

小林 ええ。

糸川英夫 それなのに、深海にいるカニは、何トンもの水圧がかかっても潰れないって、まこと不思議ですね。

小林 そうですね。環境によって、圧力に対する抵抗力が、自由自在に変わる素材というのは……。

糸川英夫 それを使えば、潜水艦ないし、その「しんかい6500」だったか?何だか知らんけども、ああいうもので、もっともっと底まで潜れるものを
つくれる可能性もあるわな。

小林 宇宙船の素材にもなるでしょうし、いろいろなところに使えますね。

※(゚д゚)バーカ wwww 深海ガニには水圧は均等にかかっている。しかし、地上でブロックなんぞ載っけたら、一方向圧なので、潰れるのだ wwww
 だから、素材は関係ない。深海艇は空気を内包しているので、潰れない様に球状をしていて、外殻を強度の高いチタン合金などで構成しているのだ。
 こんな、ちょっと科学好きのガキでも知ってるようなことを、糸川博士が知らんわけなかろーが w
 んで、またまたしてもインチキ霊言の証拠が発覚しちゃいましたとさ wwwwwww
 -その6 (了)-
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

笑えた

あまりにもタカシの知識の無さに笑えたwww
しかし、小林って早賢のことかな?
あれも東大出てるんだけど
そういうの知らないのね(笑)

なんなんでしょうね、東大出のこいつら(笑)

Re: 笑えた

> どんきー王子さん、
もう、ここまで酷いと笑うしかないですよね(笑)
小林は早賢だった気がしますけど忘れました。違ってたらごめんなさい。
本当に東大出たのかと言いたいくらいアホな話がひたすら。
もはや突っ込む気が失せます。

かなり致命的な自爆なんですけど、
指摘したら干されるのかもしれないですね。
気づかない信者もヤバイですよね。それが親なんですけど orz
もしかしたら本だけ買わされて読んでないとかですかね?

そういえば、大学審議会にもこの本送ったのかしらん?
もしそうなら、これが決め手になってたりして(笑)

> あまりにもタカシの知識の無さに笑えたwww
> しかし、小林って早賢のことかな?
> あれも東大出てるんだけど
> そういうの知らないのね(笑)
>
> なんなんでしょうね、東大出のこいつら(笑)
プロフィール

ルジェ

Author:ルジェ
幸福の科学の元二世信者。
2005年頃にファルコン告発、
関谷告発を読んで退会。

2ch『幸福の科学』統合スレハンネ
観自在になりたい凡人
初期トリップ:◆eVvwryoaWrQr
2番目トリップ:◆WP3fRcZ/7vgl
最新トリップ:◆FR79JzHC1w
したらば ◆m/n8MbibXR6d

はまりやすく飽きっぽい性格で、
更新と放置がまちまち。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブログランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。