-------- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-29 (Thu) 12:30

カルトの世代間連鎖、恥ずかしいお守り(正心宝)

母親の父、すなわち祖父はあるカルト宗教に傾倒していた。
祖父はその宗教の教理を母たち子供たちに押し付けた。
肌身離さず身につけさせられる謎のお守りやらが
学校でからかわれたりして恥ずかしく思っていたらしい。

そして祖父のカルト宗教に反発して宗教遍歴した結果、
母は幸福の科学というカルトに引っかかって盲信してしまった。
正心宝やらお守りやらを私たち子供に身につけさせるという
子供が学校で恥ずかしいと思う行為を強要した。

交通安全お守りなんかが他の子供たちが持ってるような
有名だったり身近な神社やお寺のものでなく、
幸福の科学の目立つ金ピカお守りだったことが
子供心にどうしてみんなと違うんだろうと疑問に思っていた。
子供の頃に両親に恥ずかしいということは言えなかった。
恥ずかしいと思うことが禁じられていたと言ってもいい。
今だから無意識的に恥ずかしかったのだとわかるし言える。

こういう、他の子どもとちょっと違うということが
子供社会でどれだけいじめの対象になるのか
母親は経験してるはずではなかったのか?

傍から見たら自分がどう見えるのかの客観視、
過去に自分が同じようなことをされてどう思ったのか、
母がそれらをしっかりと思い起こしていれば
子供の頃にいじめのターゲットになる要素はひとつ減っていた。

確か受験の時、
大きい方の正心宝を首に下げたままで受験した。
確かに、お守りとして持っていったものだけど、
正心宝のチェーンが金ピカで目立つので
周りから見えないように気を付けながらの受験。
自分ながらよくやったと思うよ。

だいたい、重くて途中で頭が痛くなるものを
何でわざわざ身につけていったかというのを思い起こすと、
親へのパフォーマンスであった気がする。
なぜなら、普段学校行くときや勉強するときは
重くて疲れるという理由からつけてなかったのだから。

身につけて受験に行くことが親が満足するっていう意味で
首にわざわざ枷をはめて受験しに行ったわけだ。
そこでも自分の素直な気持ちを封じ込めてたんだなぁ。

結果的に合格したから良いものの、
親を満足させるために自分のパフォーマンスを落としていた。
それに気が付いた。

センター試験の時にも確かつけていたと思うが、
多分、付けていなければ2日目の最終試験、
数学I・AとII・Bの点数はもっと上がっていただろう。
なぜなら、頭が痛くなって回答に集中できなかったのだから。

過去問では85点以下が無かった私が
両方65点くらいという散々たる結果になり、
後期願書の大学ランクを一つ落としたのだ。
前期の2次試験でギリギリ突破したのでよかったけど、
これで落ちていたら、正心宝のせいだったと言えるのでは?

カルトの家庭ではカルトの思想以外は排斥され、
子供がそれに異を唱えることは禁じられる。
素直に感想を述べることが禁じられた家で子供が
素直に育つことがあるだろうか。

大人になって自力で生活できるようになってきてから
理知的にカルト性に気付いて抜け出そうとしても、
素直に考えるまたは表現する経験が不足していて
他の思想についての理解も表面的で否定的である。
だから深く根付いてしまっている元のカルトに似た思想
に親和性を感じてしまい、似たようなカルトにはまってしまう。
カルトの名前は違えど、カルト思想が世代間連鎖する。

今自分はこの世代間連鎖を断ち切りたいともがいている。
まだ自分に子供はいないけど、
ここで断ち切らないと自分の本当の幸せはやってこない。

この苦しさををうちの両親は理解することができないんだよね。
理解したら教団になんかとてもじゃないがいられないはず。
心の底から両親には失望してるよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

1. 正心宝

俺も不良信者時代に正心宝を身に付けて新聞配達していたけど、販売店の同僚に「何このペンダント、超ダセ~似合わねぇ~よ」バカにされた記憶があった!!!あれで¥30000?ボッタぐりもいいところよ<(`^´)>あんなダセ~ペンダントを身に付けても功徳なんか出るわけないよねぇ~

2. Re:正心宝

>闇の仕事人さん
あの正心宝は今から思えば羞恥プレイですよね。
ただ重くて肩こりの原因にしかならないし。
信じ込まされてるころは
特別な力があると思い込もうとしてたけど、
現実的に考えると何の利益も生み出さないんですよね。
今は見るだけで気持ち悪い。

3. 盲信とは恐ろしいですね

正心宝。これメッキの安物です。30000円はぼったくりです。

金属アレルギーのある信者の友人が広範囲で肌がぼろぼろになっていましたよ。それでも信じて身につけていました。その人は選挙と教祖の離婚でやっと目が覚めましたが。

子どもの人生は子どものものです。幸せになるためなら何でも押し付けていい訳ではないと思います。ルジェさんのこういうお話は胸が痛くなります。私にも子供がいますので、つらい思いをしただろうと思うと。ふつうやりませんよ。

私の子どもの友人の母親が統一原理らしく、ずいぶん子どもの生活などに干渉してきて、自分のしたいことができないようです。かなり愚痴っています。親への説得は難しいと感じますね。自分で稼げるようになったら逃げた方がいいと勧めるしかできません。

知的な人でもなぜオカルトにはまるのか。ずっと知りたくて、最近やっと参考になる本が手に入りました。それに書かれている内容は納得できるものでした。知識がある人ですらそうなのに、ない人はますますみたいです。問題は認知の問題と自己愛だということがよく分かってきました。

カルトは、連鎖する人はするかもしれませんが、我が家ではしていません。断ち切れます。

4. 本人が判断できる年まで待てないんでしょうね

セールスでは判断をせかして買わせる方法がありますよね。
タイムサービスとか、期間限定とか。これも心理学に基づいた販売作戦です。

子どもの英才教育で教団の教えに染める。「今、若いうちに子どもに教えないとだめだ」と。せかしてやらせる。せかされると判断が鈍くなる。また、サクセスとか、学園の営業と関連していますよね。信者はのせられたんでしょうね。

5. Re:盲信とは恐ろしいですね

>カチカチさん
コメントありがとうございます。
先日紹介いただいた、2つの本を購入しました。
「アダルト・チルドレンと癒し」は読んだら
あるあるすぎてボロボロ泣いちゃいました。

親としては押し付けたつもりはないでしょうね。
子供の方から自主的につけた、
押し付けたつもりはないと。

子供が正心宝を身につけた本当の動機は
正心宝を付けることで加護をもらうことではない
ということは親は気づかなかったでしょう。

本当の動機は、
身につけて受験することが親がうれしそうな顔をする。
この動機は当時は自分でもほんの一瞬に
よぎっただけでで意識してませんでした。
カルト内で自然な思考であるお守り思考で上書きされました。
家族から離れて別の世帯になった今だからこそ
こういうことが口にできるようになりました。

母は確かに過干渉です。
今は予算の範囲内で自分で何でもできる環境になりましたが、
自分のしたいことがなんなのか全然分かりません。
親に刷り込まれた価値観でしか動けなくなってるんです。

私も新しい我が家に連鎖しないように気を付けたいですね。
カチカチさんが世代間連鎖の断ち切りに成功したというのは励みになります。

6. Re:本人が判断できる年まで待てないんでしょうね

>カチカチさん
教団は危機をあおって急かしますよね。
教団の教育は子供の発達に非常に有害です。
一生をむしばみ続ける毒になります。

判断力や思考力の育成が十分にできない学園では
社会に役立つ人材は全く育たないでしょうね。
カルトが親の判断を誤らせる。
結果、子供は社会生活上の困難を与える。
こんなことを繰り返していいはずがありません。

7. Re:Re:盲信とは恐ろしいですね

>ルジェさん

お疲れさまです。お薦めした本を読んでくださったんですね。
機能不全家族であるのは間違いないだろうと思いましたが、お役になったのなら本当に良かったです。

>本当の動機は、
身につけて受験することが親がうれしそうな顔をする。

そこでしょうね。ルジェさんは優秀だったから期待に応えることが出来た。それがお母さんは嬉しかったのだと思います。でもそれはルジェさんと向き合うのではなく、教祖や教団とのつながりであったことが問題なんですよね。教団のお守りをつけていたから、受験に成功したと思ったのではないでしょうか。ルジェさんの努力だと思っていたのでしょうかね。ルジェさんはどこかそれに気がついていたと思います。

私の場合は兄が支配的で、教団にかかわることが今後彼との関係を良くする部分があったことは否定できません。自分で決めて入会しましたが、そのころ判断力があったとはいえない状況でした。そういうときに行動してはいけなかったと思います。

>自分のしたいことがなんなのか全然分かりません。

これは今自分を縛っているものがほどけてくると、自然な自分が出てきてわかってくると思います。
私もそうでした。私の話ですが、何を買うにも決められませんでした。自分の好きなようにしていいと言われてもどうしていいかわかりませんでしたし、誰かの許可が必要な感じがつきまとって判断できなかったのです。判断すると全部否定される感じがして、判断できない気持ちもありました。自分を支配する人間から離れても支配されていたことしかないので、どうしていいかわからないのです。私の場合は本当に私を信じてくれる人が、自分を信じて自分の思った通りにやったらいいと、不安になるたびにアドバイスしてくれたことです。それを続けたら自然に出来るようになってきました。
自己信頼を取り戻すのにゆっくりと時間をかけていくといいと思います。まずは何が自己信頼できないのかを見つけて、自分を癒してください。

8. Re:Re:本人が判断できる年まで待てないんでしょうね

>ルジェさん

>教団の教育は子供の発達に非常に有害です。
一生をむしばみ続ける毒になります。

発達心理学をみていただければわかると思うのですが、幼児期からの子どもの精神発達は非常に大事です。感情や人格、思考などは年齢ごとに体験で獲得していくものです。
これがカルトの理論で誤った感情や知識を押し付けられていくわけですので、大変有害だと思います。終始ダブルバインド状態で、子どもの精神発達に大きな影響を与えると思います。

親の自己愛の部分が歪んでいるためにカルト宗教に依存しする。そして、それが子どもに影響します。
「平気でうそをつく人たち M・スコット・ペック」を読むとカルト宗教に依存する例ではありませんが、歪んだ自己愛の両親のために子どもが精神的に病んでくる話が出てきます。アルコール依存症の親でなくてもアダルトチャイルドでなくても、精神疾患になるような事例です。
積極的にカルト宗教の考え方を植え付けることは恐ろしいことです。でも親は私は子どものためを思っていいことをしたと信じているんですよね。。。

9. Re:Re:Re:盲信とは恐ろしいですね

>カチカチさん
受験の合格は自分の努力の成果だと思ってます。
正心宝の加護なんぞこれっぽっちもありません。
自分の努力の成果をお守りの効果にされたのが嫌でした。

高校の頃はいつも2時半に起きて勉強してました。
親は当然この時間帯に寝てますから、
勉強してる姿をあまり見てなかったでしょう。
現在、家庭教師業やってますが、
10年以上数学から離れていても高校数学の問題を初見で解けます。
当時の勉強の成果です。

> 誰かの許可が必要な感じがつきまとって判断できなかったのです。
> 判断すると全部否定される感じがして、判断できない気持ちもありました。

今、まさにこの感じです。
自分で判断し、自分で責任を負うというのが上手くできてないです。
相当意識的にやらないと脳内親に従ってしまいます。
自己信頼できない根っこはどこか、まだ見つかってないと思います。

10. Re:Re:Re:本人が判断できる年まで待てないんでしょうね

>カチカチさん
親はいいことしたと思っているんですよね。
教団のカルト思想の家庭に育つことによる
精神被害は一言では言い表せないですよね。
説明しても両親は全く理解できないし、唯物論扱い。

カルト思考から抜け出すための葛藤で起きる心身症やストレスを
教団をやめたからとか、気の持ち方が悪いという扱いで受け止めないですし。

私にとっての両親はそういう子供の叫びを
受け止められない小さい存在になってしまいました。

本当なら経済的に完全に独立して離れられたら良いのですが、
現実問題としてある程度頼らなければならないのが苦しいです。

親はお金目的で付き合う相手になってしまいました。
ま、高額の祈願やら何やらでお金で解決する癖がついた両親です。
教祖がお金目的で教団を作ってるわけですから、
これは当たり前の結果かもしれないですね。

11. Re:Re:Re:Re:盲信とは恐ろしいですね

>ルジェさん

ルジェさんの努力は全部ルジェさんのものですよ。がんばったのはルジェさんなのに親が育て方が良かったとしゃしゃり出るのは恥ずかしいことですよ。親をやったことがあるまともな人はみなわかっていますよ。

本当にがんばったんですね。私には無理です。私数学が一番の苦手で。。。。泣。笑。

>自分で判断し、自分で責任を負うというのが上手くできてないです。
相当意識的にやらないと脳内親に従ってしまいます。
自己信頼できない根っこはどこか、まだ見つかってないと思います。

この辺ですが、親がカルトでなくても子どもが親から独り立ちするときに感じるものかもしれませんよ。カルトの思考以外でもお母さんはあなたに過干渉だったのなら可能性はあると思います。独り立ちするのを妨げるのはご家庭の人間関係にもあったかもしれませんね。

12. Re:Re:Re:Re:本人が判断できる年まで待てないんでしょうね

>ルジェさん

>本当なら経済的に完全に独立して離れられたら良いのですが、
現実問題としてある程度頼らなければならないのが苦しいです。

私も同じことで悩んでいましたが、元信者の友たちに言われました。「別に頼ればいいじゃん。親なんだから」と。目から鱗が。笑。

親子関係にカルトが挟まっているから心苦しいのでしょうが親子は親子だし、割り切ってもいいのではと思いますよ。

社会心理学で言われる「返報性の法則」というのがあります。何かされたらお返しをしたくなる心理です。親に何か頼んでもカルト思考や親の期待で応えることはないと思います。割り切った方がいいと思います。

>ま、高額の祈願やら何やらでお金で解決する癖がついた両親です。

人はわかりやすく単純なものを好みます。人生の悩みの答えを単純でわかりやすく、お金でのやりとりで納得されてしまったのだと思います。こういった方は心が弱い方に多いようです。宗教がお金で解決するわけはないのに気がつかなくいのは認識が完全に誤っているわけです。

13. Re:Re:Re:Re:Re:盲信とは恐ろしいですね

>カチカチさん
ありがとうございます。

高校まではわりかし数学得意な方でした。
大学はフーリエ級数、超関数、常微分方程式etc.で死にました。
この辺りはもう覚えてません。(笑)

親が過干渉でかつ無責任であったため、
自分にも親にも信頼が損なわれたんだと思います。

14. Re:Re:Re:Re:Re:本人が判断できる年まで待てないんでしょうね

>カチカチさん
こうなったら、金銭的には頼っておくがそれ以外は放っておく、
くらいにドライな方がいいのかもしれませんね。

>宗教がお金で解決するわけはないのに気がつかなくいのは認識が完全に誤っている
今、自分にお金が無いので使いようもないですが、
自分にもお金や物で何とかする癖がついてる気がします。
程度問題なんでしょうけど、気にしすぎると逆にダメかな?と悩みます。
プロフィール

ルジェ

Author:ルジェ
幸福の科学の元二世信者。
2005年頃にファルコン告発、
関谷告発を読んで退会。

2ch『幸福の科学』統合スレハンネ
観自在になりたい凡人
初期トリップ:◆eVvwryoaWrQr
2番目トリップ:◆WP3fRcZ/7vgl
最新トリップ:◆FR79JzHC1w
したらば ◆m/n8MbibXR6d

はまりやすく飽きっぽい性格で、
更新と放置がまちまち。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブログランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。