-------- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-25 (Wed) 07:24

先日2chに書いたことだけど、科学的検証に耐えられぬ幸福の科学教義

2chに書いたものからちょこっと編集して。
幸福の科学が「科学」を名乗る資格はないことをぐだぐだ書きました。
母も理系音痴だから話が全く合わない。
大川の発言が理知的に聞こえるようだよ。はぁ。

以下、言いたいとこだけ抜き出して編集しました。

実際のこの世は4次元であると説明するのが自然なんだが、
大川は何の断りもなくこの世を3次元世界とした。
この、何の断りもないというのが
一般科学では常識外れの話で科学ではない。

大川がやるべきは
この世を3次元世界と表したことへの合理的な説明だった。
しかし、教団のどんな書籍をひっくり返してもその説明は発見できない。
なぜかって言うと、大川自身がわかっていないから。
説明できないのであれば
3次元のこの世という表現は使うべきでなかった。

だったら、幸福の科学なんていう
語弊を呼ぶ呼称を使うべきでなかっただろう。
仮にも組織名に科学と付けるからには
科学的見地から検証されることは当たり前なのに
教団は科学的見地からの検証を
唯物的としてはねつける。これは科学でない。

小保方が科学界から批判されるのも
科学的な説明がなされてないから。

そして、呆れるくらい大川隆法は理系音痴。
文系でも教養の無さが指摘されてる。
キリストの復活やクリスマスの意味が分かってないとか。
聖書読めばわかる簡単な話なのに(笑)
仏教知識もめちゃくちゃで麻原にフルボッコされるし、
言葉の誤用や誤解釈が多いし。

正心法語の光が分かれて七色で
黄色、白色、赤色、紫色、青色、緑色、銀色なるってのは
中学から疑問に思ってたよ。
白色光が単色光なのかよ!
で、銀色って反射光だろ?って。
根本経典の中身ですら断りもなく意味不明な言葉使ってるんだよ。

根本経典なら重要なんだから、
それこそ、その言葉の意味はしっかり説明しなきゃならないはず。
だけど、それが全くないんだよね。
これを読めば良いって言うだけで。
なぜ、この語彙なのかの説明がない。
正直、なんとなく字面の良い言葉が並んでるだけで
意味がないんだよね。
仏教のお経は基本的に全部の語彙に意味あるんだよね。
それとは対照的。
スポンサーサイト
2014-06-25 (Wed) 07:24

論理的に正しいことを述べることって難しいよね

先に言っておきますが、
自分は学問に対して深い理解ができなかった人間です。
現在持ってる知識は科学雑誌に載っている内容を超えません。
その道に詳しい人から見れば誤解や突っ込みどころ満載で、
鼻で笑われるでしょう。

特に論理的で冷静な思考は苦手です。
論理っぽいことを語っているだけで似非論理だと
自分で書いてて思います。
本当は自分の意見に自信がないのかもしれません。
まぁ、そういう部分を念頭にお願いします。

私が理系関連の文章を書くとき、
主にWikipediaを使ってですが
用語の意味や用法に誤りがないか、
誤解がないか確認しながら書いています。
以前どこかの雑誌や何かで読んで覚えていても
その原典を忘れてるのでそれを検索することもあります。

それでも、本当にそれが正しい解釈なのかって
ものすごく悩むことが多いです。

そこの文章をそのままコピペしたら
正しく理解してるとは言えないと思っているからです。
自分の言葉で言いかえることができないと
理解して人に話すものではないと考えます。

ここで、自分なりの言葉に置き換えようとします。
ここに誤解や間違いがないかと非常に気を使います。
間違って人に伝えて誤解が広まったら
取り返しつかないですから。
ここの過程で数時間かかることもしばしば。

また、さっさと書いて自分の思いのたけを
聞いてほしいという感情が
論理の飛躍や先走りを作ります。
自分の意見に近いものを発見した時、
それが正しいかどうか確認せずに
飛びついてしまったりもします。

改めて、そういった感情をコントロールするのって
難しいなと思います。

自分なりに正しく書こうと思っていますが、
論理的に正しくわかりやすい文章って難しいです。
2014-06-10 (Tue) 17:52

わからないならわからないって言えばいいのにね

幸福の科学信者って、
自分が分かってないことに適当な屁理屈つけて
わかった気でいることが多いなぁと思う。
なんか、理解が浅いんだよね。
自分も理解が深いとは言えないけどさぁ。

信者でいた頃はわからないことは良くないことだと思ってた。
実際のところはわからないことは別に恥ずかしいことでないし、
わからないということがわかってるのって
物事を理解するには重要なことなんだと思う。
わからないことが尽きることも絶対ないだろう。
神がいるかいないかとか、あの世があるかどうかとか、
そういったことは永久に結論は出ない。
科学はそういうのはわきに置いておくと思う。
どんなに議論してもわからないことだと。

慎重に観察して論考すれば、何らかの結論が出ることを
ひとつずつ積み上げていくのが科学じゃないかなぁ。
人一人が物事を理解する時も社会全体で理解が進むときも、
多くの物事から得られる証拠や根拠を積み上げるのは一緒。
そのためには全く別の意見を聞くことが重要なんだけど、
信者は大川の言うことが正しいと結論が先に来て、
物事を曲解したり、ミスリードしたりする。
ほかの意見を学ぼうとしないし、見ようともしない。

学問には天国も地獄も右も左も上も下も無くて、
これまで多くの人が世の中を観察して議論した結果、
いろんな切り口があって、いろんな見方があるだけなんよね。
全部をわかるのは無理だから、わかる範囲を絞って考えて。

全部わかろうなんていうのは一生では絶対無理だから、
わからないことはわからないって言おうよ。
わからないなりに自分で考えようよ。
誰かが言ったことを鵜呑みにしてわかった気になるのやめようよ。
2014-06-08 (Sun) 10:19

STAP論文全撤回!またも大川の先見の無さが明白に(笑)

3日の昨日、STAP細胞論文に関する疑念について
新情報が報道されました。

NHK NEWSweb記事、STAP 存在に新たな疑念
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140603/k10014947431000.html

>理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが作製に成功したとするSTAP細胞を培養して出来た細胞を詳しく分析したところ、この細胞は実験に使っていないはずの別の種類のマウスの細胞だった疑いが強いとする研究結果を国内の複数の研究チームが、まとめていたことが分かりました。

さらに、理研でSTAP細胞検証について小保方の参加が取り上げられました。

NHK NEWSweb記事、“STAP細胞”検証 小保方氏の参加を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140603/k10014925291000.html
>STAP細胞が本当に存在するのかを調べる検証実験について、外部の有識者で作る理化学研究所の改革委員会は、小保方晴子研究ユニットリーダーの参加を求める方針を明らかにしました。

そしたら、本日、全部撤回ということに。
NHK NEWSweb記事、STAP 全論文撤回へ 研究成果白紙に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140604/k10014960891000.html

>理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが、STAP細胞のすべての論文について取り下げに同意したことが分かりました。
>これで、新型万能細胞の作製に成功したという世界的に注目を集めた論文はすべて取り下げられる見通しとなり、研究成果は白紙に戻ることになりました。

つまり、
疑念がもっと増えたよ。
  ↓
あるっつうんだったら作ってみ?
  ↓
論文撤回します。←今ココ

結局、STAP細胞の根拠となる論文が全部なくなりました。
これでSTAP細胞あるとは言えないね。ちゃんちゃん。

またもや、大川の零能力が明らかとなりました(笑)
教団も信者もここ突っ込まれるから反論準備しといてね。
なんか最近の信者って反論できる頭ある奴いなさそうだけど。
2014-06-07 (Sat) 14:11

「自他はこれ別個に非ず一体なり」はカルトの証左

「自他はこれ別個に非ず一体なり」って、
教団の表向きで説明される教義では
本来同じ存在が分かれたもので
別の存在ではないから仲良くしましょう。
みたいな意味合いだったと思う。

けれど、よくよく考えたら、
大川が自我肥大の末に自他の区別をなくした証拠だわ。
自分以外の人格を全て自分の思うままに取り込みたい
という欲望が「自他はこれ別個に非ず一体なり」って
ひとつの文章に凝縮されてたんだね。
上の教団の解釈もちょっと裏読みすると、
全ての源はエロバカタレであり、
「お前のもともとはオレだから従え」になる。

最近、発達心理学とか読んで自我の芽生えとか、
成長したら、普通は自他を区別できるようになって
お互いの人格を侵害しないように意識することができると知った。
自他に対する一般的な観念は
教団の説明とはかなり違っていることがよくわかった。

本当の相手のことを大切にするなら、
自分は自分、相手は相手、違うの当たり前。
大事にしてる物もそれぞれ違うから
お互いに心地よい距離を保とうという意識の方が
精神的にも社会的にも波風立たない自然な理念なんだね。

大川にとっては自我を肥大させて
ほかの人格を侵害することが自然だったから
「自他はこれ別個に非ず一体なり」なんて放言ができた。
これを信じれば、他人の人格を平気で踏みにじる
信者が出来上がるんだな。

そして、うちの親のように過干渉で
共依存な人間になってしまうのだろうね。
関西の幸福の科学学園問題などで近所の人にやらかすことも、
近所の人は別の存在であるということがすっぽ抜けた結果だ。

「自他はあくまで別個なり」
こちらのほうが正しい真理。
教団の教えはカルト心理。
プロフィール

ルジェ

Author:ルジェ
幸福の科学の元二世信者。
2005年頃にファルコン告発、
関谷告発を読んで退会。

2ch『幸福の科学』統合スレハンネ
観自在になりたい凡人
初期トリップ:◆eVvwryoaWrQr
2番目トリップ:◆WP3fRcZ/7vgl
最新トリップ:◆FR79JzHC1w
したらば ◆m/n8MbibXR6d

はまりやすく飽きっぽい性格で、
更新と放置がまちまち。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブログランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。