-------- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-18 (Sat) 18:37

新職場デビュー。順調すぎて怖い。

去年の末に宣言してた資格の勉強ですが、
目標資格の下の下がもう取れてしまいました。
まだうろ覚えだからって記念受験のつもりだったんです。
けれども開けてびっくり。自己採点で80点行きました。

そしてその調子に乗りまして、
求人があった目標資格の事務所へ面接に行きました。
そしたら、採用されました(笑)
契約社員で給料は少ないですけどね。
ま、万年人材不足でブラック臭が
漂いやすい業界ではあるので、
採用は意外と簡単だったかもしれないです。
覚悟は足りないかもしれないけど、
一応は織り込み済み。

数年がんばって務められたら最高です。
受験資格のための資格を取らなくても、
目標資格の受験資格ゲット&
資格取得後の士業登録条件クリア。
なんだか、出来すぎてないですか?

うまくいきすぎて不安になるんですけど。
ある意味で環境が変わりすぎてストレスマッハ。
これまで、うまくいったら怖くなって
自分でチャンスをつぶしてしまってきていたので
ここが踏ん張りどころになると思います。

正直、引きこもりに限りなく近い状況が
ずっと続いていたので人間関係が怖くてしょうがない。
周りと比較する悪い癖が出てしまってて、
変に空気読もうとしたり、気を使いすぎたりしてます。
年齢行ってるけどフレッシャーなんだから
失敗してもそこまで気負うことではないはずなんですけど。

ちょっと前の職場で、
「年齢に見合った常識や経験が無い」
って言われたのがまだ響いているような気がします。
経験無いんだからしょうがないじゃんって
開き直れればいいのになぁと思うのですが。

ぶっちゃけ、家族HSに関わってたせいで
孤立して社会との接点が無かったことで
経験してないのはどうしようもないですよね?
そう思って開き直ってしまうのは悪いでしょうか?
これが相当な劣等感になっています。

精神科の先生にもいわれてるんですよね。
何も問題ないやん、その劣等感の方がもったいないって。
どうしたら、この劣等感から抜けられるのか。

ちゃんとしなくてはならない、
活躍しなくてはならないっていうのも
HSや親に刷り込まれた価値観ですよね。
資格を取ろうとするのも
難関資格を取ることで人より上になりたいって
気持ちが今回も結構あります。

それだけではいずれ行き詰まることは
すでに経験してることなんですが、
こびり付いてしまった価値観は
なかなか入れ替わってくれませんね。

今やるべきは、余計なことを考えず
今やってる仕事がなぜ必要かを考えて、
真剣に取り組むことなはずですが。

HSに関わったことはどこかで
今後の仕事に生かせることはあるでしょうか?
人間関係でうまくいかずに仕事を転々とした
経験も生かせる場所があるでしょうか?
これらもひっくるめて
自分を受け入れることができる日が
いつか来るでしょうか?

以上、自分の頭の中が大混乱なので、
整理するための独り言でした。

スポンサーサイト
2015-04-08 (Wed) 18:19

渡る世間はオカルトばかり?(非HS)

最近、片瀬久美子さんのTwitterをチェックしています。
巷に蔓延る似非科学をどんどん紹介して下さるので、
似非避け情報として貴重かもしれないです。

ウォッチのきっかけはリアルで
進化論否定論者と論争になったことです。
幸福の科学と同じような詭弁を駆使して、
論理をすり替えて、前提を無視して、
科学史上で培われた慣例や常識をはなから無視。
もう、呆れ返るしかありませんでした。

このときにこういう似非科学を
真っ当な人たちはどう見てるのか気になって、
ちょっと検索してみたら片瀬さんに当たりました。
Twitterでおっしゃってることはほとんど真っ当なのに、
一部の人たちから御用学者などと
揶揄されてるようで気の毒です。
それくらい似非が蔓延ってるんだなぁと。
普段から直観的に感じてたことですけどね。

本屋などで本を立ち読みして面白いと思っても
学ぶに値する真っ当な論拠なのか
似非でオカルトなのか悩んでしまうんです。
パッと見ではわからないんですよね。
騙されやすい私にはとても苦しいことです。
結局は購入に踏み切れないことも多く。
図書館だって似非の障壁にはならないし。

もう、似非が多すぎて、
真っ当な情報にアクセスするのが困難な状況って、
由々しき事態だと思うのですが、どうなんでしょう?
似非を回避するには教養と思考力がいるけど、
それらを得ようとすれば似非に当たる。このジレンマ。
どうしたらいいんでしょうね?
2015-04-04 (Sat) 12:55

ブログ村ランキングに乱れ。アクセスがなんか変?

最近気になっていることなんですが、ここんところ
ブログ村のランキングとかアクセスに変化がありますよね。
これまでは使者さんとこのブログがダントツで
他ブログというのが新記事で上がったり下がったりでした。

それが、ほんの少し前はみろさん所がトップになり、
本日は拙ブログがなぜかトップ入り。
別にこれといったネタでもないのに不思議。
昨日のアクセスがユニークもトータルも普段の倍なんですよ。

自力でおもろいネタ出して使者さん越えならうれしいけど、
質も量も相変わらずでいい加減なんですが(汗)
だから、いきなりアクセスが増えると気持ち悪いのです。
何かの拍子にgoogle検索ランク上がったわけでもなさそうだし。
どこかの有名サイトにリンク貼られたわけでもなし。

何なんでしょうね?
2015-04-03 (Fri) 14:51

【連絡】 ameba退会

本日、amebaを退会しました。ぐるっぽも削除しました。
完全にこちらを使うことにしてまいります。
もし、amebaの方にリンクを貼っている方がいましたら、
変更をお願いいたします。
2015-04-02 (Thu) 22:03

日本人は古代からベッドを使ってた!?(非HS)

資格勉強のために図書館を良く使っています。
自宅では全く集中できないので図書館を使うわけですが、
おもしろそうな本が所狭しとあるために誘惑も多く。
今日も図書館で勉強していましたが、
途中で集中力が切れて読書してしまいました。

適当にパラパラめくって立ち読みするのが多く、
全部読まないために本のタイトルなどを忘れます(笑)
今回は5~6冊は目を通したくらいです。
ちなみにどうでもいい話ですが、
「ぼく、オタリーマン」は図書館にあるべきじゃないような・・・
そして、某教祖様の書籍があったかどうかは確認していません。
読むはずのないものを探す気もならなですしね。

話を戻しますが、
パラパラ読書でちょっとおもしろかったのがあります。
本の題名を覚えていなかったのですけど、
今ググってみました。たぶん、小川 光暘氏著作の
「昔からあった日本のベッド―日本の寝具史」 です。

日本人は昔から布団で寝ていたのではなく、
太古の昔はベッドで寝ていたらしいのです。
日本最古のベッドはなんと、
1200年以上前の天皇のベッドで、
正倉院に保管されているものだそうです。
ベッドの上に畳(今のと違い、ムシロみたいなもの)を
敷いて屏風で囲って寝ていたそうなんです。

平安時代の御帳台と
ヨーロッパの天蓋のルーツが一緒とか、
畳はそもそも敷き布団みたいな用途だったとか、
読んでみるとなかなか面白かったです。

また驚いたのが、押し入れに布団の習慣は
明治以降の新しいものだったんですね。

ぶっちゃけ、ベッドを大きくして
屋根付けたのが寝殿造とか、
それがそのまま広がったので、
実は日本の家は全部ベッドであるそうです。
さすがにそれは極論じゃないかと思いましたけど、
なかなかに面白い視点だなぁと感心しました。

この本を読むと、いかに現代人が
恵まれた暖かい寝具で寝てるかわかります。
たとえ、現在は安っぽいせんべいな布団でも
昔は画期的な高級品だったわけですから。
プロフィール

ルジェ

Author:ルジェ
幸福の科学の元二世信者。
2005年頃にファルコン告発、
関谷告発を読んで退会。

2ch『幸福の科学』統合スレハンネ
観自在になりたい凡人
初期トリップ:◆eVvwryoaWrQr
2番目トリップ:◆WP3fRcZ/7vgl
最新トリップ:◆FR79JzHC1w
したらば ◆m/n8MbibXR6d

はまりやすく飽きっぽい性格で、
更新と放置がまちまち。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブログランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。